チャットボットによる在宅確認

運送会社で言われている問題の一つに、再配送があります。利用者としてはうっかり在宅していなくて、呼べばまた持って来てもらえる存在になっていますが、持っていく側は当然ながら二重の苦労があります。マンションの高層階で、わざわざ持っていったのに持って帰る事になった時の心労は計り知れません。そこで最近使われているものに、チャットボットがあります。

これは客の電話番号からメッセージツールを確認し、使っている様ならメッセージを送って在宅確認するシステムです。トラックが動いている間にシステムが自動で送信し、無駄に移動しないで済むタイミングでやりとりを行います。内容も当然の事ながら、今家にいますか、といったものでそれはチャットボットでも簡単に送れます。受け取った側はもし外にいて、家に誰もいないようならいない旨を返信します。

これは文字でもいいのですが、チャットボットはチャット上に選択肢を表示させられるので、その選択肢をタップするだけでも回答が可能なのです。これにより、家にいるようなら届ければいいですし、いないようなら後回しに出来るという仕組みの完成です。あと数時間後に帰る、といった情報も取得出来るので、とにかくドライバーの負担を軽減させるために、有用なシステムと言えるでしょう。再配達は大きな負担になっていて、問題は無料な事なので利用者も気兼ねなく不在にしてしまいます。

そこでいち早く運送会社はチャットボットを取り入れて、その無駄をなくそうとしているのです。