カスタマーサポートに効果的なチャットボットについて

チャットボットはカスタマーサポートに導入すると、スタッフの負担を軽減しつつ顧客満足度を高めることができます。このプログラムにはAI型とルールベース型の2種類が存在します。AI型は予め学習させたデータやユーザーが利用して集まったデータをAIが解析し、統計的に最も適切な回答を表示するという特徴があります。このタイプは質問者による言葉遣いの揺らぎにも柔軟に対応できます。

AI型チャットボットをカスタマーサポートに導入すれば、効果的な顧客対応が可能になります。このタイプはルールベース型より高機能なためコストが高い点がデメリットです。ただしAI型の料金は月額数万円から100万円以上まで様々なものが存在します。AI型をカスタマーサポートに導入する場合は、各サービスの機能と料金を比較検討することが大切です。

ルールベース型は作成したシナリオに基づいて自動で会話を行うという特徴があります。シナリオはユーザーからの質問を予測して作成しなければなりません。FAQをフローチャート式にしたり、表計算ソフトのデータをインポートするなどの作成方法があります。このタイプは予め作成したシナリオ以外の回答ができませんが、設定が簡単なのですぐに使うことができます。

コストをなるべく抑えたい場合もAI型ではなくルールベース型を選ぶとよいでしょう。AI型は学習データを蓄積するほど精度の高い回答が可能になります。ルールベース型はシナリオに従うので誤回答をする心配がありません。最適なタイプのチャットボットをカスタマーサポートに導入すれば、効果的な対応によって顧客満足度を高めることができます。