チャットボットの活用事例

たくさんの企業が問い合わせ対応にチャットボットを導入しています。メールや電話での対応をしていたところが、チャットボットに切り替わった事でもっと素早い回答をしてくれるのかな、と思った人も多いのではないでしょうか。実際にチャットなのでリアルタイムですし、繋がった以上は解決まで話は続きます。しかしこれは向こう側の人件費削減にも繋がる施策なのです。

チャットボットが答えられる質問に答えて解決した場合、人手が全く掛かっていません。人が答えなければいけないような質問もありますが、そうでない簡単なものをさばいてくれるだけで、かなりの効果があるのです。チャットボットを多くの企業が入れている理由も分かるというものです。会話に関してもかなり有能であり、AIが学習していくので長く使うほど複雑な回答も可能になります。

商品が加速度的に増える訳ではありませんが、会話の内容は加速度的に増えるので、追い付くぐらいの学習を行ってくれるからです。特に細かい情報に関してはデータを引っ張ってくるだけなので得意であり、売っているこのパソコンのスペックはどのくらいか、といった質問には即答出来ます。必ずしも全ての質問に答えられる訳ではない、という部分に関しては理解しておくべきですが、それを補って余りあるぐらいの利点がある事を知っておくといいでしょう。今現在、問い合わせが多く業務を圧迫している様な会社には特にチャットボットはおすすめです。

チャットボットのことならこちら